ブランドマインド

皆様に健康生活をご提案できるブランド

私たち大徳は、「ぽん酢」と「たで酢」の専門メーカーとして生まれました。
醤油や酢を作る際のサイドビジネスとしてではなく、ぽん酢とたで酢の品質に重きを置く「ぽん酢とたで酢のプロであること」。それが私たち大徳のアイデンティティです。
果実の囁きに耳を傾け、果実と語り合うこと六十余年。
大徳はゆずやすだち、ゆこうといった香酸柑橘果汁にこだわりを持ち、その研究と商品開発に専念して参りました。
果実の持つエネルギー、「果」の持つ力の不思議を研究し、商品としてお届けすること。そして皆様にささやかながら健康生活をご提案できるブランドであること。それが私たち大徳が皆様と交わすブランドとしての約束です。

 

「安心」「安全」「おいしい」の徹底

大徳の商品は現在約80種類。
料亭仕様の業務用ぽんずの開発に始まり、今では「大徳ブランド」としてのご家庭用も含め多彩な商品を展開しています。商品の数や層がいかに膨らもうと、大徳は健やかな商品づくりを守り続けます。
自然の素材にこだわり、健やかな製法にこだわる。
皆様の健やかな毎日を育む食。
その一端を担うブランドとして、「安心」「安全」「おいしい」にこだわりツヂけます。

 

 

「職人」として「プロ」としての探求

お客さまの「食」に対する価値観やニーズが多様化する今日。それらにお応えできることだけではなく、常に「本物とは何か」「お客さまに本当に喜んでいただける商品は何か」を問い続け、探求しつづけること。それが大徳は香酸柑橘の果汁を扱うプロとして、また皆様の食を担う調味料メーカーとしての基本姿勢です。既存商品の見直し、新たなニーズへの取り組み、そして新たな柑橘類の活用研究。大徳の目の前には、創業六十年を超える現在も新世界が広がり続けています。大徳はその広大な新世界をフロンティア精神で進んでいきたいと考えています。「こだわり造りは健康づくり」という商品開発テーマこそ、大徳の方位磁針。探求を怠ることなく、未開発の素材にも積極的にチャレンジして参ります。

 

皆様の健やかな毎日を担う食に関わること。

その意味を常に思うブランドとして、皆様の商品づくりに取り組んでまいります。